ENGLISH WEB SITE

About OHCHI INTERNATIONAL IP

This author has not yet filled in any details.
So far OHCHI INTERNATIONAL IP has created 16 blog entries.

判例紹介~製造委託と米国のOn-Sale Bar~

Pre-AIAのもと米国特許法102条(b)は、米国出願日の1年以上前に米国内において販売された発明は新規性を喪失する旨を規定しています。これはOn-Sale Barなどと呼ばれ、102条(b)は、発明が商業的に利用されてから1年以上経過してからの出願を防止することを趣旨とします。 […]

P3プログラム~最終拒絶後の新プログラム~

最終拒絶(ファイナルアクション)を受け取った後、どう対応するか迷われる方も多いと思います。RCEにしても審判(Appeal)にしても、時間面・費用面で高くつきがちで頭が痛いところです。 […]

ソフトウェア関連発明の特許適格性(3) ~Enfish判決から学ぶべきこと~

Enfish判決の判決文には、特許適格性を有しないとの拒絶理由を指摘された場合に使える反論ポイントがあります。今回は、その一部を紹介します。 […]

ソフトウェア関連発明の特許適格性(2) ~明細書における課題の記載~

Enfish判決(2016.5.12)においては、ソフトウェア関連発明の特許適格性の判断に際し明細書における課題の記載が重視された点は先の記事(「ソフトウェア関連発明の特許適格性(1) ~アリスその後。。~」)でご紹介しました。 […]

BREXIT! ~EU離脱と欧州出願~

イギリスのEU離脱は、欧州における知的財産権の取得や権利行使にどんな影響を及ぼすのでしょうか。 まず特許ですが、イギリスが欧州特許条約(EPC:European Patent Convention)の締約国であることに変わりはありませんので、従来と変わりなく […]

ソフトウェア関連発明の特許適格性(1) ~アリス その後。。~

特許適格性(米国特許法 第101条)について、Federal Circuitから注目すべき判例が2つ出ました。 Enfish, LLC v. Microsoft Corp. (2016年5月12日)及び TLI Communications LLC v. AV Automotive, LLC (2016年5月17日) […]

所員インタビュー2

2015年7月入所 弁理士 2014年度弁理士試験合格 2015年度弁理士登録 ■入所の動機 前職ではIT企業のSE等を経験しました。女性でも生涯働き続けることができ、また学生時代の知識を活かせる資格を取得したいと考え、弁理士試験を志しました。 […]

所員インタビュー1

2010年5月入所 弁理士 2013年度弁理士試験合格 2014年度弁理士登録 ■入所の動機 ・前職(SE)はジェネラリスト的でした。このため、自分の専門性に不安を感じ、弁理士試験の勉強を始めましたが、調べるうちに実務経験が重要であることに気付き、色々と特許事務所を探し始めました。 […]

出願時に未公開だった先願による拒絶の各国の取り扱いの比較

特許出願の出願時に先行する出願が既に公開されていた場合には、その先行する出願(Secret Prior Art)は、新規性および進歩性の阻害要因となりえます。出願時に未公開だった先行する出願が後から公開された場合には、その先行する出願により拒絶される範囲は各国によって異なります。 […]

特許出願の願書のトリビア

【整理番号】 整理番号は願書の必須項目です。 施行規則には、整理番号については、使える文字種(大文字のローマ字、アラビア数字若しくは「-」又はそれらの組み合わせ)と10文字の制限しか規定されていません。そのほかのことは、出願人(または代理人)に任されています。 […]