ENGLISH WEB SITE
旺知国際特許事務所の特徴

最高水準の知的財産サービスをご提供

知的創造時代、研究開発を発展させ、その成果を蓄積、有効活用していく必要性は、企業の重要課題となっております。
私共は、品格と技術力を備えた人材を土台に、高い品質のサービスの提供を目差して邁進しております。

お客様とのコミュニケーション(面接)を重視

私どもの事務所は何よりもお客様とのコミュニケーション(面接)を重視しています。
特許、発明に関してしっかりとヒアリングさせて頂いた上で様々な角度から検討、御社の戦略に沿ったベストな特許出願のご提案をさせて頂きます。

電気・機械の特許出願ならおまかせください

旺知国際特許事務所では特許、商標などの知的財産の調査、権利化、及び鑑定等の業務を行います。特に、電気・機械・制御・通信・画像処理・音声処理・メカトロニクス・通信システムといった分野を得意としています。

旺知国際特許事務所のNEWS

判例紹介~製造委託と米国のOn-Sale Bar~

2016/11/15|特許情報, 米国|

Pre-AIAのもと米国特許法102条(b)は、米国出願日の1年以上前に米国内において販売された発明は新規性を喪失する旨を規定しています。これはOn-Sale Barなどと呼ばれ、102条(b)は、発明が商業的に利用されてから1年以上経過してからの出願を防止することを趣旨とします。 […]

P3プログラム~最終拒絶後の新プログラム~

2016/07/26|特許情報, 米国|

最終拒絶(ファイナルアクション)を受け取った後、どう対応するか迷われる方も多いと思います。RCEにしても審判(Appeal)にしても、時間面・費用面で高くつきがちで頭が痛いところです。 […]

ソフトウェア関連発明の特許適格性(3) ~Enfish判決から学ぶべきこと~

2016/07/11|特許情報, 米国|

Enfish判決の判決文には、特許適格性を有しないとの拒絶理由を指摘された場合に使える反論ポイントがあります。今回は、その一部を紹介します。 […]

ソフトウェア関連発明の特許適格性(2) ~明細書における課題の記載~

2016/07/06|特許情報, 米国|

Enfish判決(2016.5.12)においては、ソフトウェア関連発明の特許適格性の判断に際し明細書における課題の記載が重視された点は先の記事(「ソフトウェア関連発明の特許適格性(1) ~アリスその後。。~」)でご紹介しました。 […]

旺知国際特許事務所求人情報
旺知国際特許事務所

旺知国際特許事務所では2020年に業務法人化を予定しており、
事業規模拡大のため、特許技術者を募集しています。
新しい知識を取得する意欲のある方のご応募をお待ちしています。

求人情報を見る

知的財産に関することなら「面接力」の旺知国際特許事務所へ

私どもの事務所は何よりもお客様とのコミュニケーション(面接)を重視。特許、発明に関してしっかりとヒアリングさせて頂いた上で様々な角度から検討、御社の戦略に沿ったベストな特許出願のご提案をさせて頂きます。

お問合せはこちら